節分巻き寿司 2019年 福のり巻

Q なぜ節分に巻寿司?

A 昔の人は鬼の金棒を巻寿司に見立てそれを食べてしまうことで鬼の力を無くしてしまい、その年1年幸せに暮らせると考えました。そこで節分の日に巻寿司を食べる習慣が始まりました。

Q 福のり巻はなぜ切っていないの?

A 恵方に向かって大きな口を開けて福のり巻をかぶりつくとその様を鬼が見て(口を大きく開けた様に驚き)退散すると信じられていました。

この事から節分の日はわざわざ切らずにそのまま福のり巻を食する習慣が定着しました。

また、「(家族の)縁を切ると鬼がやって来て災いをもたらす」とも言われ切らずに食するようになりました。

お問合せ先

  • 寿司福本店仕出部寿司福本店仕出部
  • TEL 082-243-7161TEL 082-243-7161
  • 広島県広島市中区富士見町4-9広越本社ビル1F広島県広島市中区
    富士見町4-9
    広越本社ビル1F